我々はまだ追いつける

信者とは言えないが、長いことマックユーザーであるワタクシとしてはやはり読んでおかねばなるまいってんで、お取り寄せして読みましたとも

スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ II

なんせMacの変遷をリアルタイムで見てきたわけで、その間に舞台裏で何が起きていたのかが赤裸々に…いやもう大変面白い内容だったのだが、実はペンギン君的に一番ツボにはまったのは同じ1955年生まれのもう一人の天才のお言葉

我々はまだ追いつける  by げいつ

これは例のiPhone発表を見た直後に悔し紛れに叫んだセリフらしいんだけれど
過去をさかのぼってみると、大変わかりやすい

1984年 MacOS 1.0

1990年 Windows 3.0

2001年 MacOSX

2006年 Windows Vista

2001年 iPod

2006年 Zune

2007年 iPhone

2010年 Windows Phone 7

 
 
よく見ると、ゾロ品作る 追いつくw までの期間が
微妙に短くなってきてる っていう(;^^)

だがしかし、これはアルキメデスの亀なんだよね…
決して追い越せない理由が大変よくわかるお言葉であった

【追記】
I・IIを通して一つだけわからなかったこと(伝記では全く触れられていない)
誰がインテル入ってるマックへの転換とBootcamp+Winを提案し、神はどんだけそれに抵抗したんだろう?
どう考えてもご本尊様は手塩にかけた美しい自社製品上でクソなOSWindowsが走ってるとこなんか、死んでも見たくなかったに違いないのだが…

 

Google日本語入力がなかなか(・∀・)イイ

日本語入力にはずーーーーーっとATOK使っていたワタクシなのであるが、自宅のMac mini(鯖版)に光学ドライブがついてないためにめんどくさくなって無料ダウンロードできるGoogle日本語入力をしばらく使ってたら、意外と不便が無いことに気づいた

ま、主な理由は、キーバインドのカスタマイズが楽になり
ぺん太風ATOKと全く同じなるように設定できたとゆーだけなのだが・・・(;^^)

しかし! それだけではやっぱ使いにくいわけですよ
日本語入力の本質はユーザー辞書のカスタマイズにあると言っても過言ではない! ←なぜかえらそう

実はぺんぎん君のユーザー辞書は無料配布の辞書3つを読み込んで作成したカスタム版

ことえり用辞書がダウンロードできるサイト

(ちなみにGoogle日本語入力にはことえり辞書がそのまんま読み込めるので、変換の必要はありまへん)

通常使うライフサイエンス系の単語だけでなく、山椒辞書の特徴であるん変換(だったかな?)を取り込んであるため、マシンガン入力が殊の外しやすい優れモノなのである

テラウラヤマシスな方々、オイラから再配布はできないので、自力で作成してくれたまい

もともとATOK用に作成したのをテキストで書き出しして、Google日本語入力用辞書に読み込んだわけだ
ほしたら、意外とATOKなしでイケそうな感じ

んで、気を良くして職場のマックにも導入してみた

現在、ATOKとGoogleの両方を交互に使っているのだが、学習機能はどうやらATOKよりもGoogleの方が優れてる感じ
歴代ATOKをすべて網羅してきたわが社なのだが、どうやらいらなくなったっぽ・・・?

JUSTSYSTEMの行く末を激しく案じる今日この頃である
 

著作権って何?それおいしいの?

PPTVちうサイトを秘書のMさんが教えてくれたんだが
[browsershot url=”http://movie.pptv.com/” width=”150″ ]
 
すげーよ、ほとんどの映画がタダで見られるΣ(・ω・ノ)ノ!

当然のことながら全部中国語なので、ちんぷんかんぷんなんだが
ここで一躍脚光を浴びたのがGoogle Chrome
[browsershot url=”http://www.google.co.jp/chrome/intl/ja/landing_ch.html” width=”150″ ]
 
ま、だまされたと思ってChromeで行ってみてくれたまい
ちょっと幸せになれるかも
 

入れてよかったFirefoxアドオン

今まで色々入れまくってたんだけど、大体数個に集約されてきたのでここでまとめてみる

feedly [browsershot url=”http://www.feedly.com/” width=”150″ ] 
Google Readerと自動的に連繋してくれるは新着記事は読みやすいわデザイン秀逸だわ
言うことねっす( `・ω・´)b Google Chrome版もあるでよ

 

Shareaholic [browsershot url=”http://www.shareaholic.com/” width=”150″ ] 
ブラウズ中のWebpageをなんでもかんでもシェアしちゃおう系
Evernote, Google Notebook, Twitter, Facebook, WordPressを登録しております
個別に対応するエクステンションは全部削除して、これ一個で済むのがすげえ

 

Easy YouTube Video Downloader [browsershot url=”http://www.yourvideofile.com/” width=”150″ ] 
ようつべのダウンローダー、色々使って見たけどこれが一番簡単で失敗なし
mp4形式でダウンロード可なので、そのまんまiTunesにつっこめる

 

Webmail notifier [browsershot url=”https://addons.mozilla.org/sl/firefox/addon/webmail-notifier/” width=”150″ ] 
Gmail notifierからの移行
理由はyahoo mail, hotmailもまとめてお知らせしてくれるから

 

WiseStamp [browsershot url=”http://www.wisestamp.com/” width=”150″ ] 
Gmailの署名は一個しか登録できないけど、これ使えば複数登録して使い分けが可能
オイラは日本語と英語のをそれぞれ作ってあるお( `・ω・´)b

 
BookmarkのシンクロはXmarks使ってたんだけど、もうすぐサービス終了なんだって(´・ω・`)
どうしようか現在考えちう

おすすめ本

門川さん御謹呈

門川さんとこのお知らせを見て、買おうかな〜 と思ってたら
なんと本日ご本人から謹呈本が届いたよ☆ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ☆

門川さんが担当した1枚刷りポスターのとこも、もちろん超参考になるんだけど
なんつっても秋月由紀さん担当の、イラストの書き方の項目がうれしいっす
こーゆーのほしかったんだおね〜

今度これ見ながら、かっこいい肝臓の書き方にぜひ挑戦してみたいと思いまする(`・ω・´)v

超おすすめ オンラインストレージ “Dropbox”

同業者のみなさん
科研費シーズンが今年もやってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
わがKO大学は学内締切が早く、本日最終日
やっとこさっとこ投稿完了しましたよ

今年はいつにも増して、つか、とうとうカミの降臨がないままだったので、マジ大変でしたわ

ってことで、時候のごあいさつもそこそこに さっそくタイトルの件

いろいろと調べものをしてて偶然みつけたのが このDropbox
ちょっと使ってみたらこれがじーつに具合よろしい
んで、ついついおすすめしてしまおう!という気になったペンギン君なのである

一体なにをするもんなのか、ってーと、一言であらわすなら、オンラインストーレージ ←まんまやん
ま、NASサーバー とか iDisk とかをイメージしていただければよろしい

んがしかし、2Gまでは誰でも無料、しかもWin/Mac両対応 ですよ奥さん!

そして、なんつってもすげーのは、
まるで自分のPC/Mac上にあるマイフォルダーのようにシームレスに扱える、とこ
なんつか どのPCから見ても中身がおんなじマイドキュメントフォルダー って感じ?

たとえば、ちょっと急ぎの書類を作らなきゃいけないとしますよ
メインのPCで作業をしつつ、さて遅くなったしそろそろ帰って続きはおうちでやろ~、って時
アナタならどうします?

とりあえずUSBデバイスとかに保存したデータをおうちへ持ってかえって
おうちのPCにコピーしてファイル開いて編集・保存
次の日にはそのデータをまたUSBに入れてがっこへ持ってきて、メインPCにデータをコピーして続きを開始

ってのが一般的な流れでしょ?

ところがこのDropboxを使えば、サーバー上にアップロードしたデータにどこからでもアクセスできるわけ
つまり『My Dropbox』ってゆーフォルダにデータをぽいっと入れるだけで、完了
おうちからでもおでかけ先からでもネットにさえつながれば瞬時にそのデータを使った作業ができるんす
(そのパソコンにDropboxがインストールされてないとアカンけど)

ま、とりあえずダウンロードしてくれたまい → Dropbox

んで、インストールやら使い方の説明はこのへんを参考にしてくれたまい → できるネット

んで、わしらにとって何が便利かって、USBデバイス代わりにするのももちろんなんだけど、
フォルダーの共有ができる、ってとこがじーつによろしいのですわ

以下、どっかから拾ってきた文章

ネット上での共同プロジェクトの管理にも有効

「My Dropbox」フォルダには共有フォルダも利用でき、メールアドレスを指定して複数ユーザーでファイルを共有することもできる。「こうすることで、もう添付メールは不要だし、ファイヤウォール、VPN、Windowsのファイル共有の設定に手こずることもない。
さらに、Dropboxはバージョン管理システムも備えており、ファイルに変更を加えても、変更前の古いファイルにアクセスすることができる。こうした機能があるため、複数ユーザーでプロジェクトを進めるような使い方が可能だ。

今回の科研費騒動でも

  1. まずはペンギン君が『科研費』って言うフォルダーを作る
  2. うちの子分連中にinviteメールをWeb上から送る
  3. 子分連中が承認のリンクをクリックすれば、『科研費』フォルダーにアクセスできるよーになる
  4. 作成中のファイルをそのフォルダーの中に入れた状態で加筆訂正しまくりつつ、適宜保存 ←ココ重要
  5. 時間のある時にペンギン君が子分どもの書類開いて添削保存
  6. 次に子分が開く時には添削された状態のファイルがパっと出てくる、ってしくみ

こーゆー使い方をすれば、現在執筆中の論文だろうが、複数人で作成中の申請書だろうが、常に一つのファイルを共有することになるので、メール添付で送りつける必要がない
しかもファイルサイズが大きくなってもなんせ2Gまで保存できるんだから、宅ファイル便とか使う必要もなくなる
(もっとでかい容量が必要なら有料サービスに移行すればよろし)

ちょっと前に5.6人で某申請書を書いてた時に、これを知ってたらどんだけ楽だったことか……..遠い目

もちろんNASサーバーでも同じことはできるんだけど、いちいち管理者権限でユーザー登録すんのがめんどくせーんすよね
NASの方はもちっと恒久的ファイルの保存場所、って感じで使い分けしようかと

それにオンラインストレージサービスは他にも山ほどあるんすけど
使ってみたかぎり、ほんと、簡単・直感的・視覚的でわかりやすく、今までの中ではいちおしだと思いまする
うちの子分達には全員インストール推奨しとります
おたくのラボでもぜひどーじょ