ラボ内対抗そふとぼーる

自らリクリエーション係に就任した某ペンギンの提案により、本日ラボ内対抗ソフトボール大会が敢行された。

なんせ30人を越す大所帯なもんだから、ラボ内だけで2チームが結成できる

で、くまさん(教授様)チームとうさぎさん(講師様)チームとに別れ、普段のうっぷん晴らし兼、運動不足の解消をねらってみたわけさね

ペンギン君はじゃんけんによる組分けでうさぎさんチームに加入
講師様との鳩首会談により、ポジションをしっかりきめまくり、打順もばっちり、鉄壁の守備陣、破壊的打線にて教授様ひきいるくまさんチームを迎える

対するくまさんチームの方はおおらかなもんで、各自てんでに好きなポジションへと散った結果、最初の2回でうさぎさんチーム10点リードという大差のついたゲームとなる

シロートゲームにありがちなことだが、大差でリードしてる方が上げ潮ぎみになり、差はどんどんひろがるばかり

がっ やっぱゆだん大敵、後半くまさんチームのピッチャーに教授様が登場した途端、プレッシャーからか重圧からか、うさぎさんチームにぴたりと点が入らなくなる。

また、守備の方も大きく守備位置入れ替え、よゆうぶっこいてる間にあれよあれよと点が入って気がついたら最終回3点差

うげっ

ここで後半のピッチャーをおおせつかっていたペンギン君とーとつにマジ投げとなって速いタマ投げて逃げ切りを・・・・はかったのが裏目となり、当たったら跳ぶタマがライト頭上を越す逆転サヨナラホームランとなってゲームセット 〜(_ _;)〜

ううう やっぱ教授様のご威光は強かった。。。

試合後の記念撮影
なぜ投打に大活躍した教授様のお姿がないかと言う理由について深く追求してはいけません