危険がいっぱい

それは本日の昼のこと
コンビニ帰りに病院の通路をへろへろ歩いているペンギンが1匹
その1m前方を歩いているお嬢1名

出入り口付近でもう一人の登場人物登場
左前方より台車を押しながらこちらへ向かってくるにいちゃん1名

お嬢とにいちゃんは知り合いらしく、歩みよりつつお互いに挨拶しあっている
で、そのまんますれ違うのかと思ったら、どうやら立ち話を始める模様

さて、お嬢の後ろを歩いていたペンギン君のとった行動は?

ま、無関係なペンギン君は当然、お嬢とにいちゃんの立ち位置を迂回して通りすぎるわな

で、にいちゃんは左前方から来るんだから、お嬢は当然通路の左側に寄ると思うわな

ってことは、ペンギン君はお嬢の右側を通り過ぎれば正解

・・・のはず、だったのだよね 常識的に考えれば
が、このお嬢、ペンギン君が横を通りすぎようとしたまさにその瞬間に何を思ったかいきなしペンギン君の進路へ後ろ向きにとびこんできたのである

予想もつかない突発事態に対応できなかったペンギン君、おもいっきしよけそこね、必然的に接触事故

あたまきたことにこのお嬢、ぶつかってきたのは自分だってのに、こっちにらみつけやがった
しかも、いったぁぁ~いっ はぁと なんぞとシナつくってにいちゃんに同意をもとめるなっ

どうでもいいけどシナつくってる最中もオラのアシふんずけてるんですけど
痛いのこっちなんですけど

こちとら腹へってて気合い入らず、そのせいではり倒す気力もなかったのだが、しかし、気合い入ってたとしても言うだけムダ、という気配が濃厚なお嬢だったなぁ・・・

それにしても世の中いろんなやつがいるもんだ
いついかなる時も油断しちゃいかんね

ふっ