数年ぶりの・・

本日はラボの若手研究者某氏の披露宴におまねきいただき、それこそん年ぶりにヒト様の披露宴なるものに出席させていただくことと相成った

このようなおめでたいお席に招待されて一番困るのは、何と言ってもペンギン君のワードローブ事情である

アタクシを良く知るヒトならばすぐに察するであろうが、ペンギンのタンスの中身というのは9割強がジャージ

およそ披露宴向きではない人材なのである
(つーか、学会発表もあるんだからいいかげんまともなおよーふくも仕入れなさい >私)

本日もしゃーないから一番いいジャージででかけるペンギン一匹

新進気鋭の若手研究者(かつ医者)とこれまた将来を嘱望される若手弁護士というエリート同士の組み合わせ、そして当然のことながら両家ともハイソサエティーに属するご家庭であり、会場は医学関係者、教育関係者、法曹界関係者であふれかえっとる

ジャージ姿のペンギンが浮きまくっていたことは言うまでもない

なにぶんペンギンのやることですので、平にご容赦を・・m(_ _;)m

なわけで、育ちの良い人々ばかりが集う宴。大声をあげる人もなく、スピーチの最中にごちゃごちゃ私語をすることもなくみなさん熱心に耳をかたむけ、オチには品のよい笑い声があがり・・・という雰囲気の中粛々と進行してゆく。ありていに言ってワタクシがこれまでに出席してきたものとはあまりにかけはなれており、住んでる世界のちがいをひしひしと感じさせられる一日でございました

ま、わかりやすくいえば、銀のさじくわえて生まれてきた人達とヤキトリの串くわえて生まれてきたペンギンのちがいってーやつですかい?

おまけにビール一本ついてれば完璧・  <謎