呪い?

え〜 平和な昼下がり、総員出動でオシゴトにいそしむ我がペンギン組である

んで、こじらせた風邪がまだぬけきれておらずひとりだけうだついてるペンギン君、茶でもしばこうかと無人のお茶飲み場へ行き、下記のごとくの光景を目撃することとなった↓


ご開帳中

 
 
たいそう貧弱な中身を世間様に向けてアピールしまくっているのは言うまでもなくM1号のロッカーであり、このオトコはとうとう最終学年である4年生にもなってまだこんなことやってんのか、と、おばちゃんはひじょーに情けなくなったわけであるが、この光景・・なんか見覚えが・・・

で、思い出したんだけど、2004年度にうちにいた某技官君(古い日記なので探すのを断念)がまさにこのロッカーを使用しており、彼もまたこのドアを閉められないヒトであったなぁ・・・ ←遠い目

そーいや、ヤツもイニシャルがMで一見さわやかスポーツマンタイプだったなぁ・・・ ←さらに遠い目
 
 
おそらく前任者と1号との間には共通したなんらかのdefectがあると思われるので研究対象にしたい方はご一報を

もしくはこのロッカーにはなにやらはかりしれない呪いがかかっていると思われるので、腕におぼえのあるお祓い師さん、ぜひご一報を