Two done

学会座長も無難に終了
なんせガイジンが発表するセッションだったので、やっぱえーごでやらんといかんのかと、ふつーは思うよね?
そこはそれ、経歴なんかを英語で言ったってよーわからんだろ、ってこと(にして)本人に、最初に日本語で経歴と話の要旨を説明するけどいいか?と、確認してオッケーをとってあったので、平気な顔して日本語で司会を始めたペンギン君なのである

質疑応答はさすがに英語でやったけどさ

それにしても、みんなメシ食いに来ただけだと思っていたのに、意外に質問があってびっくりしたぞ

そのふろーさいとめとりー学会、えらいこと参加人数が少なく、毎年きわめて盛り上がりに欠ける
ペンギン君にいたっては去年まで学会員ですらなかった
ふろーさいとめとりーというものでメシ食っているにもかかわらず、である
来年は長崎大学の某せんせが会長なので長崎で開催、再来年はなんとロバートNが学会長だそうで、関東での開催となる
で、ロバートN曰く
こうなったらディスニーシーでやろう!
だそうだが・・・あんなに人数の集まらない学会で、そんなカネあんのかね?

ところでプログラムを見て、うわ 演題少ねーっ!っと思ってたのに、今年は例年になく多めだったそうだ

あれでかよ!
しゃーない、来年はワタクシも何か出してあげよう
毎年、ランチョンかイブニングセミナーに行くだけじゃいくらなんでもあんまりじゃけん

さて、次は(とっくに締め切りが過ぎて担当さんがパニックおこしかけている)原稿だ!
実は本文はもう書き上がってて、あとは図と文献そろえるだけなんだけどね
ところで、その文献リストを作るには休日に出勤せねば検索サイトから文献を落とせず、したがって月曜の午前中に完成原稿を送るためには日曜出勤が必須となるんだが
そーゆー事情を知ってか知らずか、おめーわざとやってんのか?と思いたくなるくらいぎりぎり無理な期日設定をしてくる絶妙な編集さんなのである

さて、出張講義出張とハードスケジュールが続きよれよれのワタクシは明日の日曜日に元気でお仕事しに行くでしょうか?
その答えは神のみぞ知る
それにしてもせめて月曜午後に期限設定してくれてれば無理しないでも間に合うのになぁ

ってゆーか、こうなるのがわかっててなんで出張前に仕上げなかったのかと言うと、今となってはほんとに不思議なくらいの絶不調だったのだよ
まじでなーんも仕事できなかったもん
まぁおそらくはあの海外出張で精神的にリフレッシュしたのが効いたんだ、ということにしとこう
未だ時差ボケでむちゃくちゃな生活時間になってるのがご愛敬だけど
いねむり