義憤

以前買ってきた文庫本を読もうとしたペンギン君
ブツはスコットトゥロー『死刑判決』
寡作の作者がひさびさに上梓した上下2巻ものの大作である

なんせこの手のやつを読み始めると止まらなくなるため、休日にしか手を出さないことにしておる
以前買ったもののなかなか機会がなかったので、現実逃避大作戦決行中の現在こそがまさに天から与えられた好機ってわけだ

いそいそと持ってきてさてページを開こうとした途端ふと疑問が生じる
あれ? なんで上下とも表紙が全く同じなのだ?

背表紙を見て思わずめまいを覚え、傍らにあったソファーに倒れ込む

両方とも上巻やんか!
なんでレジのおねーちゃんは注意せんのだ?
2冊同じのが入ってるってレジ打ちながらわかるだろーがよっ

まぁ 少しだけなぐさめはある
両方とも下巻じゃなくてよかった(のか?)

うるうる