シンクロ ワールドカップ

3夜連続でドップリハマりましたシンクロのワールドカップ
初日のフリーコンビネーションは見逃したのであるが、ソロ、デュエットと最終日のチームはもう夢中で見てしまった

それにしても強いね~ ロシア
ソロのイシェンコというねーちゃんなんて、水から上半身がえらいこと高く飛びだしたあと、すぅ~~~~っ と消えていくという余韻が実に美しかったし、デュオなんて、どうなってんだ これ? と言いたくなるほどピッタリそろってて文句のつけようがなかったし、チームはチームで最初のリフトでとんでもない高さにねーちゃんが飛び出てきて空中で一回転し、きれーにポジションキープしたまんま飛び込んで行くし、めまぐるしく変化するポジションはいくら動いてもぜんぜん乱れないし

いや すごかった
つか、むちゃくちゃおもしろかった

なんか元気になるよね、ああいう完璧なもん見せてもらうと

日本チームもがんばってたなぁ
気合い入りまくったいい演技を披露して、規定では同点だった(そしてソロとデュエットでは負けちゃった)スペインに勝って有終の美をかざったのはほんとにめでたい

ただ、なんつーか・・・・がんばってたよ うん 確かに
でもねー 内容がなぁ ちょっと単調?
振り付けの中身についてはまだまだ未完成って気がしたんだけど、どうなんだろうか

よそがかなり独創性高いおもしろい演技をしていただけに、その点でちょっと見劣りがした
ので、どうしてあの『ダリ』(スペインの演目)にフリーで勝てたのか、見ててよーわからんかった
識者の方、解説してくれんかなぁ

あと、今年はまだ勝てた中国なのだが、来年、そして再来年の北京五輪の頃にはさぞや強敵になってることでしょうなぁ
なんなんだあの手足の長さとお顔のちいささは

日本もがんばってんだけどなぁ・・・ この先は言っても仕方ないことだから言わないけど

つーわけで、そのくやしさはじっくりとこちらでかみしめてください
言葉にできない