トロント その後6

現在使ってるサーバーがなんか最近えらく重いなぁ・・・と思ってたら、もう使ってない(が、サーバーからは削除してなかった)旧掲示板にスパムが連続して投稿され続けておることが判明

ためしにログを削除したらサーバー使用量が350Mbから56Mbまで減少
現在は投稿できんように変更しちゃったからもう大丈夫だと思うけど
それにしても、
スパム業者、おそるべし!
つか、明らかに誰も見てない掲示板を占拠してもしゃーないと思うのだが・・・・

なわけで、パスポート事件もそろそろ終盤に入ります
が、まだ山場は続くのだよ

===============================

まだ薄暗い出発ロビーにさまよい出たペンギン君
とにかく、誰か見つけねばと気を取り直して歩き始める
よく見れば薄暗い中、出発を待っているとおぼしき乗客らしき姿はちらほら
そのほとんどが壁際にひっそりと座り込んでおったので、最初それとは気づかなかったのである

ゴロゴロゴロ(スーツケース音)ぺたしぺたしぺたし(ペンギン音)とウロついてたら、やっとJブースでチェックイン業務をしているおねーちゃん発見

さっそく寄ってってもうすっかり手慣れた事情説明およびお約束となった質問をしてみたところ、ふむふむと聞き終わったおねいちゃん

そこにエマージェンシーコールがあるから、電話すれば?
と、おっしゃる

なんで今、おしえてくれないんだよぉぉ
場所聞いてるだけなのに・・・
と、思いつつも、生命力ポイントがだいぶ減ってしまっていたペンギン君、ほとんど思考停止状態となっており、言われるがままエマージェンシーコールし始める

で、出てきたおにいちゃん 即座に

今、キミのいるのはJの列でしょ?
Hへ行って、そのまま通路沿いに奥まで行けば、突き当たりにインターフォンがあるよ
ボタン押せば誰かが出てくると思うからそこで話しなさい

おおおおっ やっと やっと やっとぉぉぉ~(感涙

で、JからHまで移動
そのままずんずん奥へ進む
突き当たりの壁は目前
ブースの影に回り込めばきっと税関があるにちがいな・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ないぢゃんっ!

なんなんだなんなんだなんなんだぁぁぁぁぁぁぁぁっ?

またも途方にくれかけたのだが、そのとき視線のすみっこにインターフォンらしきものが入る

ん?

おにいちゃんの言ってた インターフォンは 確かに ある
ということはここが税関なのか?

しかしなんでなんのサインも出てな・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・あ! あったぁ~!!

なんと、ペンギン君の視線の遙か上
ふつーにしてたら絶対目に入らない位置に
それももっとでかいならともかく50センチ四方くらいの
白地に赤でメープルリーフ印の描かれた
えらいこと地味な看板が
ひっそりととりつけられておる

あまりに地味すぎて気づかなかったのである

せめてランプくらい中に仕込んどいてくれっ!

あきれいきどおりつつインターフォンのボタンをプッシュ
出てきたおっさんにこれまでの経緯を説明し始める

あのねあのねあのねっ・・・・・・<以下略>

聞き終わったおっさん 一言

カスタムへ行け   ブチ ←切れた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・ココハドコ? ワタシハダレ?

一体何事が起きたのかわからず呆然としたまんま
掲げられた地味な看板に目をやったペンギン君
そこにちっちゃく書かれていたのは

『Canadian Immigration Office』

・・・・・・・・・・・・・・・移民局ぢゃんっ!

ペンギン受難の旅はまだ続くのであった 以下次号