トロント 食べ歩る記 2日目

学会である
初日である
しょっぱなからダルいヘビーなお話が続く午前中、大脳皮質がほとんど機能しない状態でだらぁ~っと聞いて座ってたところ、あるとぅろというひとのお話しが終わったあとの質問時間に、どっかで聞いたことのあるお声の主が質問に立ち、それをつらつら聞いているうちにいきなし目が覚める

お声の主はもちろん大ぼちゅである
えらいことこまかい話をおっぱじめておる
つか、おっちゃん、あれは何百人もいる会場でする話ではおまへんで
むしろあとでとっつかまえて個人的に聞くような・・・
ま、ええか ぼちゅだし

そんなこんなでやっと午前中が終了・・・する直前に混雑を避けて命からがら会場を脱出した師匠とペンギン君は、コリアンタウンへまっしぐら

師匠おすすめ骨付き豚肉のホットスープ煮込み、というものを食す

toronto_hotporksoup.jpg
どんぶり鉢からあふれ出んばかりの肉とスープ
ほかほかごはんと漬け物各種
いや~~~~~ んまかった
死ぬほどハラいっぱいになって大満足で出てきた途端、大ぼちゅから電話

いま どこ?
あ、今ね、韓国メシでハラいっぱいになったとこっす

ぬわにぃ~ 置いていきやがったな!
あれ? てっきりえらいおっちゃん同士でどっかへ行ったとばかり

ハラへったんで何か食いもん買ってきて
へーい わっかりやした~

スーパーマーケットで売ってたあやしげなカリフォルニアロールが本日の大ぼちゅのランチであった

おぢちゃん、残念だったっすね、んまいスープにありつけなくて
んでも、おぢちゃんってばかなりのお子ちゃま舌なので、あの骨付きブタは辛くて食えなかったのではないかと・・・

午後の最初のセッションは大御所IWハーパーおやぢのとなり、というお席にて、ちゃいなぱわー全開のお話しをえんえんと聞く
なぜかそのセッションのほとんどがちゃいにーずの若いPI揃いだったのである
なんだかよーわからんが、いきおい、というものが切々とにじみでるお話しばかりでえらいことおもしろかった

休憩時間にコーヒーゲットして企業の展示場をうろついておったところ、やたらとポンニチご一行様とばったり出くわし、みなさんことごとく死んだサカナの目をしておったのが印象的であった

確かに現地時刻3時頃というのは日本時間の真夜中2時、ポンニチご一行に最も厳しい時間帯である

どうやら時計遺伝子がこわれており、日本でもその時間帯が最も活発なペンギン君はやけに元気はつらつ、みなさんからの冷たい視線もなんのその、お馬鹿パワー全開なのぢゃが・・・

とは言え、セッション後、至急の用件を伝えるメールを出しにちょっとだけホテルに戻って・・・気がついたら気を失って倒れておったので、それほどはつらつとしておったわけでもなかったペンギン君なの

トシには勝てません

で、ふと気を取り直したら、大ぼちゅや師匠と待ち合わせの時間を5分過ぎておる

大あわててホテルをとびだし学会場へ
入り口から本会場までやたらと遠いコンベンションセンターの通路を短い脚でペタペタペタペタと小走りに駆け抜け、やっとポスター会場へ到着

ちゃんと待っててくれた大ぼちゅ、師匠、助手のS君、現在スタンフォードに留学中のSeita君とその奥方とともに、これまた師匠ご推薦のイタリアンへ

本日のおすすめリゾットを食したのであるが、これまたんまかった
ただしあまりにもボリュームがすごかったので食いきれんかったが

なわけで、ほとんどトロント食い歩きの旅と化しているので、このまま最終日まで死ぬ気でんまいもんを食い通したい所存であります

つーわけで ぢゃっ

もえ~