我々はまだ追いつける

信者とは言えないが、長いことマックユーザーであるワタクシとしてはやはり読んでおかねばなるまいってんで、お取り寄せして読みましたとも

スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ II

なんせMacの変遷をリアルタイムで見てきたわけで、その間に舞台裏で何が起きていたのかが赤裸々に…いやもう大変面白い内容だったのだが、実はペンギン君的に一番ツボにはまったのは同じ1955年生まれのもう一人の天才のお言葉

我々はまだ追いつける  by げいつ

これは例のiPhone発表を見た直後に悔し紛れに叫んだセリフらしいんだけれど
過去をさかのぼってみると、大変わかりやすい

1984年 MacOS 1.0

1990年 Windows 3.0

2001年 MacOSX

2006年 Windows Vista

2001年 iPod

2006年 Zune

2007年 iPhone

2010年 Windows Phone 7

 
 
よく見ると、ゾロ品作る 追いつくw までの期間が
微妙に短くなってきてる っていう(;^^)

だがしかし、これはアルキメデスの亀なんだよね…
決して追い越せない理由が大変よくわかるお言葉であった

【追記】
I・IIを通して一つだけわからなかったこと(伝記では全く触れられていない)
誰がインテル入ってるマックへの転換とBootcamp+Winを提案し、神はどんだけそれに抵抗したんだろう?
どう考えてもご本尊様は手塩にかけた美しい自社製品上でクソなOSWindowsが走ってるとこなんか、死んでも見たくなかったに違いないのだが…