かなりがっかりなハリポタ最終章

【ネタバレ注意、というか、原作と映画の両方をコンプしたヒト以外は読んでも意味わからんと思われ】

ハリポタ3D観てきたんだけれど、原作にあった『ちょっといい場面』がことごとく割愛され、やたらとハリーとハーマイオニー・ロンだけ、の映画になっておった
とにかく主役3名の活躍部分だけが無駄に引き伸ばされてるわ、いらん場面てんこ盛りに盛りまくってるわで正直げんなり

例えば死喰い人との戦いは(スリザリン以外の)ホグワーツ全校をあげての総力戦、のはずなのに生徒たちは右往左往しているだけで全然役に立ってない
ハリーの同級生達(DAメンバー)の必死の応戦はどうなった?
スリザリン生がハリーをヴォルデモートに引き渡せ!と騒いだ時にハリーの前に立ちはだかって守ろうとした生徒たちの心意気はいずこに?
ハリーが死んだ(と思い込んだ、いつもクールな)マクゴナガル先生の悲痛な叫びは?(アタシャここ読みながら目から盛大に汁とばした)
ホグワーツで戦いが起きているのを知った生徒の保護者達やホグズミードの住民達が大挙して援軍に駆けつけるとこは?

ゆるせないのはネビルがナギニをやっつけるとこ
ハリーがネビルに理由は告げずにヘビを殺すことを頼むシーンがないし、ネビルがヴォルデモートに一人で抵抗するシーンがぐだぐだなので、なぜ彼が組分け帽子からグリフィンドールの剣を取り出すのか、すげー唐突で意味不明

もっとゆるせないのは全編を通じてハリーの不死鳥の尾羽根の杖が重要な要素なのに、折れた不死鳥の杖を修理することもなくヴォルデモートから奪った最強のニワトコの杖をあっさりへし折って捨てちゃうってなんなのそれ?

そもそもこのシーンは校長室で執り行なわれるはずで、歴代校長達が肖像画の中から大喝采でハリーを迎えるとこがどんな風に映像化されるのか結構楽しみにしていたのになぁ…

今までの作品でも重要な場面をはぶいちゃったり(不死鳥の騎士団でのシリウスの死とか)、変更しちゃったり(必要の部屋でハリーがそうと知らずにレイブンクローの髪飾りを手にする場面のはずがジニーとのいちゃこら場面に変更されてるとか)が目立ってたので、一体どうやってつじつま合わせるんだろ?と思ってたんだけれど、どうやら色々な問題には目をつぶり、戦闘場面を無駄に派手かつ長くしただけでごまかそうとした模様

しかもその割に戦いは杖からドンパチ火花散らすだけでせっかくの3Dがちっとも生かされてないっていうwww

いや、もうね、なんか全体的にすごいがっかりなんですけど(´・ω・`)
あの名作をすっかりダメにした監督と脚本家、ゆるすまじ!
というか、原作者が訴えてもいいレベルなんじゃないかと思う今日この頃

もっぺん原作読みなおして口直しなきゃだわ(ノω・、)