ペンギンの性別鑑定法

カテゴリー移転を記念し、ペンギンネタを一つ

縁日のヒヨコを買ってくると、ほとんどの場合成長後には立派なトサカを持ったおっさんオスとなることはオトナな皆様ならすでにご存じと思う

ヒヨコの場合、性別鑑定のプロフェッショナルとゆー専門職がおり、ものすごいいきおいで一匹ずつチェックしてメスだけとりわけ、オスは下取りに出す

で、縁日のヒヨコはおおむねオスばっかとなるわけなのだが・・・
ごくたま~に、メンドリさんに成長することも ある

要するに専門の職人さんですら時々間違うくらい
トリの性別判定は難しい らしい

で、そのトップランカーがペンギンなのである

どれくらい難しいかってーと、時々ペンギン界でも問題となるらしく、このような記事を見つけた

ペンギン、雄同士3ペア 独の動物園「温かく見守る」

朝日新聞WEB版
2005/02/20/11:49

 ドイツ北部にあるブレーマーハーフェンの市営動物園で、飼育しているペンギンに雄同士の同性ペアが見つかった。「雄と雌のバランスが悪い」と考えた同園は、雌を倍に増やしてみたが、ペアは離れようとしない。「同性愛の可能性もあるが、とても仲良しなので温かく見守っていく」という。

 独紙ターゲス・ツァイトゥングなどによると、ペンギンはフンボルトペンギン。14羽のうち5組のペアができた。卵を産まない組があったので、DNA鑑定で性別を調べたら、3組が雄同士だった。ペンギンは雌雄の区別が難しく、見ただけではよく分からないという。新たに雌4羽を増やしたが、3組の雄同士は離れようとせず、雌とも接触しない。「雄・雌」ペアと同じように巣穴をつくり、侵入者を威嚇。互いにおじぎや首ふりなどのしぐさを見せ、交尾もしようとするという。

 欧米などの動物園で同性ペアが確認されることは少なくない。5組のうち3組が同性ペアだったことに同園は注目。行動や飼育環境などを多面的に研究する方針だ。動物の同性愛などについて研究する米国の生物学者ブルース・ベージミルさんは、「ペンギンの同性ペアも不思議ではない。同性ペアの鳥が繁殖時に一時的にペアを離れ、元通りになった事例もある。動物の世界も『同性愛』が自然な感情と考えられるのではないか」という。

 同園には同性愛者らからペアを引き離さないように求める電話やメールが殺到。キューック園長は「ペアの仲を引き裂くようなことは絶対にしない」と説明している。

(2005/02/20 11:49 朝日新聞)

キモはもちろん
>DNA鑑定で性別を調べたら
ってとこ

犯罪科学捜査めいたことせんとわからんらしい

さらには
第7回ペンギン会議のプログラムにて発見

15:15 DNA解析によるペンギン類の性別判定 (太田 明彦:明治大学)

学問にすらなる領域ということらしい

で、実はそのことを知ったのはさかのぼること10年以上も前のこと

当時のボスであるロバートが興奮した面持ちにてワタクシを呼びつけ
をい! 見ろ見ろコレ!
と言いつつ、手にした某一流学術誌のページを見せつける

そこにはまさに、ペンギンの性別を判別するDNA解析、という、タイトルこそ目をうたがうが、しかしきわめてまっとうな論文が掲載されておった(残念なことに元論文はいくら検索してもどーしても見つからん)

Abstructをざっと見てみると、そこには、ペンギンの雌雄の鑑別は非常に難しく、特に外観から判別することは不可能、という記載があり、ロバート曰く

そーか やっとわかった
キミはペンギンだったんだね~

どういう意味かはご想像にお任せするが
それが、まさに、ワタクシ=ペンギンとなった理由であり
ペンギン君がめでたくこの世に誕生した瞬間なのであった

なんでもいいけど、ペンギン、の方がリアル名より世の中に浸透してるってのもかなりめずらしいさいえんちすとだよな

つーわけで、トリ愛好家のみなさま
はじめまして

ワタクシ=ペンギン
すなわち、ワタクシがネタ、というブログでがっかりされたかもしれません
が、自分で言うのもなんですけど、結構おもろいです
時々自分で書いたもん読み返すとハマります ←おバカ
できるだけ笑っていただけるようがんばりますので、よろしくお願いします

ぺこり

んで、そっかぁ ペンギンの由来はそれだったか!と、納得された方々
フリッパーで叩かれるとかなり痛いらしいっす →