耳垢物語

本日のジャーナル倶楽部にてペンギン君のお当番がまわってきた

んで、数日前にネット記事で大流行したネタにてポジショナルクローニングの講義をぶちかますことにしたペンギン君

ネタってのはほかでもない『耳あか』

ところでペンギン組ジャーナル倶楽部は基本的には『幹細胞ネタ』というくくりにしており、今回のはそのくくりとはぜーんぜん関係ない

が、なぜあえてこれを選んだのか?というと
単におもしろそうだったから ←をい

いや、ほんとおもしろかったっすよこの論文

A SNP in the ABCC11 gene is the determinant of human earwax type
Koh-ichiro Yoshiura, Akira Kinoshita, Takafumi Ishida, Aya Ninokata, Toshihisa Ishikawa, Tadashi Kaname, Makoto Bannai, Katsushi Tokunaga, Shunro Sonoda, Ryoichi Komaki, Makoto Ihara, Vladimir A Saenko, Gabit K Alipov, Ichiro Sekine, Kazuki Komatsu, Haruo Takahashi, Mitsuko Nakashima, Nadiya Sosonkina, Christophe K Mapendano, Mohsen Ghadami, Masayo Nomura, De-Sheng Liang, Nobutomo Miwa, Dae-Kwang Kim, Ariuntuul Garidkhuu, Nagato Natsume, Tohru Ohta, Hiroaki Tomita, Akira Kaneko, Mihoko Kikuchi, Graciela Russomando, Kenji Hirayama, Minaka Ishibashi, Aya Takahashi, Naruya Saitou, Jeffery C Murray, Susumu Saito, Yusuke Nakamura & Norio Niikawa
Nature Genetics Published online: 29 January 2006

と、すごい人数の著者にまずびっくらこくが、これはまぁ、いにしえのハンチントン病原因遺伝子クローニング論文なんかから見たらこのタイプの論文にしちゃむしろ少ない方なんだろうね

で、内容であるが・・・と、思わず論文内容のレビューを書き始めそうになったペンギン君なのだが、そのテのことは昆虫屋さんにお任せし、ペンギンらしからぬふるまいはやめとく

ので、興味のある方はこちらを参照のこと

それにしても、いっこむちゃくちゃおもしろいなと思ったのは、遠い遠い昔の銀河のかなた・・・ではなく、太古の北アジアにてこのカサカサ変異を持ったご先祖様が1名、忽然と登場しその遺伝子を受けついだ子孫がアジアを中心に世界中に移動していった、ということが推論されるわけなのだが・・・

なんでそのお方の遺伝子がここまでアジア中に広まったんか? ということがわからんしおもしろい

なんせ韓国人なんて90%以上が変異持ちのカサカサ、日本人も85%ほどがカサカサなんだそうな(ためしに本日の出席者で確認したら、ねっとり系は10名中2名であった。ぴったりぢゃん)

しかもおどろくことに劣性遺伝なのである

アジアにおいてはカサカサ耳であることによほどのアドバンテージがなかったら、この変異を持った人々がこんなに優位になるはずがないのだよね

でもって、ねっとり系の方々はワキガというものが同時にくっついてくるわけで、その要素も加味した上でみんなしてあれこれ理由を考えてはみた

そこでかしこい院生M君(M1号、2号ではない、おにいさんM君)が一言
「寒いところだとなかなかフロに入れないから、クサいとモテないってことなんですかねぇ?」

フロっていつ頃からの習慣なんでしょうか・・・・・・

ご存じの方がいらっさいましたら、おしえてちょんまげ

はてな

というわけで、数日ぶりのエントリです
ちょっと方向性を見失っていた、というか、書くことに対して不安があってなかなかふみきれませんでした

まだ、おそるおそる、という感じではありますが

ま・・・・ぼちぼちと

今後もよろしくおひきたてのほどを

まぁしゃーねぇ 応援してやってもいいぞ、というご奇特なそこのアナタ
右脇しぼってクリックどぞ → 

いつの間にか、最も適切なカテゴリに移動してたりして

照れ