研究者への道 まとめ2 出戻りについて

おいちゃんとふたり、おっさん2名の合宿所、といった趣であるわが社において、土曜の夕刻というものは明日一日『お休み』という安心感があり、一番心が安らぐ時間帯

遅い昼ご飯後、おねむになったとおぼしきおいちゃんがとなりですやすや居眠りしているのを横目で見ながら、しみじみ癒されているペンギン君なのである

小さなお子さんのいる方々はそうもいかないんだろぉなぁ

で、まとめ2、である
今回は医学部再入学、あるいは学士入学、つまりは出戻りというものについてワタクシなりに論じたい

誰も期待しちゃいないだろうけどそんなん知らんもんね

すでに書いたようにペンギン君が医学部に入学したのは理学部(4年間)卒業後に2年間アメリカ滞在した後

つまりストレートで入学してきた同級生達とは6歳の開きがあったわけである

逆に言うなら同年齢の連中よりもスタートが6年遅れる、と言うことになる

その結果大変だったことの一つはすでに書いたように記憶力の低下であり、暗記しなきゃいかんことの多い医学部ではこれは致命的な欠陥となった
ま、そこはソレ、年の功でなんとかごまかして国試をくぐり抜けたわけだが、とにかく大変だったことは言うまでもないのである

スタートが6年遅れているとどうなるか考えてみよう

卒業時点で30歳 (同学年は24歳)
学位取得時34歳 (同学年は28歳)
ペンギン君がここで1年セーブできて33歳取得となったのは僥倖であった

仮にそのあと3年間海外留学したとしよう
帰国時年齢37歳 (同学年は31歳)

この意味わかります?
現在国内で公募されているポストドク、あるいは若手独立研究員、というもののポスト
そのほとんどに35歳(あるいは37歳)未満という年齢制限があるため、出戻りの場合、応募資格をことごとく失うのである

また、逆に同年代の連中と比較した場合
そのほとんどがとっくにアメリカから帰ってきてポジションねらっている時期にはまだ学生やってることになるわけで、これまたリスクは大きい

というような当然生じるであろうデメリットをはねのけるにはどうするか?

ペンギン君は極めてまれな成功(してるのかどうかはともかくとして)例であると思われるのだが、ポイントとなったのはただ一点

学生時代から研究室に入り浸って研究生活を実体験し、しょぼしょぼとは言え論文も出した
ふつうの大学院生がやってたであろう生活を医学部生活と両立しながら行ったことで、年齢的な遅れをできるだけ取り戻したことになる

やっぱこれが一番大きな要因だと思う

で、ひるがえって、昨今、学士入学が大流行中である

という書き方は不謹慎なので、言い換えると、以前より学士入学制度を実施する大学が増えてきており、しかも募集内容がずいぶんと変わってきているようだ

しんすけさん
のところとか、あざらしさんのところとか、次の4月から医学部に編入することが決まった方々のところに詳しく書かれている

記事の中でへ~と思ったことを抜粋

 入学は、第3年次への編入学とする。編入学者には独自のカリキュラムを用意し、医学教育の中で重要な科目については、本来、第2年次までに修得する科目も履修する。この制度で入学した者は、医学科卒業後、ただちに医学系研究科博士課程に入学することが基本となり、通常より1年短い3年で医学博士の学位が取得できるよう指導を受ける。
 この制度による入学者は、第3年次から第6年次まで基礎医学の教室にて研究を行い、その成果を論文として提出するとともに、第6年次に行われる発表会にて発表することが求められる。(平成18年度 第3年次学士編入学学生募集要項より)

まるっきり、ペンギン君がたどってきた道のりである

こういう募集をしているのは名大・神戸大ほかいくつかあるようで、こんなんだったらずいぶん楽だったろうなぁ…と、しばし遠い目をしたペンギン君なのであった

こんなん、というのは、ちゃんと制度として成り立っており、特別なカリキュラムの下でやっていけるんならさぞや楽だっただろうなぁ、という意味。アタシャふつーのカリキュラムぜーんぶやりましたから

が、まぁ、いつまでも遠い目をしていてもはじまらないので結論を述べる

出戻り、を決意した方々が、たとえば
卒業後はどっぷりお医者さんやるんだも~ん
という目的で医学部に入り直すのならぜーんぜん問題ないと思う
むしろ、人生経験長い分、いい医者になると思う

が、しかし
オレは医局に残って白い巨塔のてっぺん目指すぜ!
などという野望は決して持ってはならないのである

だって、最初っから出遅れてんだもん そんなんほぼ無理だって

じゃ、研究者は?

自分で考えてくれ
どーしてもやる! とおっしゃるなら、かなり狭き門だとは思うけれど、名大・神戸大の学士入学を目指されるのが吉かと…

しかもその場合ですら、卒後確実に遭遇するであろう35歳(あるいは37歳)未満という年齢制限の壁はすぐ目の前にそびえ立っている、ということをアタマの片隅にでもとどめといてくれ

オイラは生来の運のよさもあり、かなり時間短縮してここまでたどり着いたが、それを差し引いて、もしもストレートに来たと仮定し、今より6歳若かったとするならば、それこそセキララ氏が普段から居丈高に誇りちらしている30代中盤、若手助教授様、なのである

別にいばっているわけではなく、こんなんはきわめて希な例であるということが言いたいのと、もしもその年齢ならまだやり直しもきくし門戸もひらかれている、ということが言いたいの

しかもこれから入る人々の前には例のポストドク1万人計画によって産出された団塊の世代がひしめいているのである

若者達よ 心してかかってほしい
がんばれ

ところで、前述セキララ氏はテニュア、こっちは臨時雇いで、そこには越えられない壁があり、まぁそればかりでなく、一緒にしてほしくない気持ちは痛いほどわかる
わかる、が、それにしても、自分で自嘲ぎみに言うのとあからさまに他人様から言われるのとでは傷つき方が違うのだよ、見てる? >若手助教授様

以上 ペンギン的考察終わり

なんの役にもたたんな
相変わらず

ごめん

ここんとこ、みなさんの応援、というよりもたぶん単なるセクシー女教師への好奇心からランキングポイントがすごいことになっている
んもぉ みんなお好きなんだからぁ

この勢いで本丸である日記ランキングに打って出るか!
なんぞという既出のセキララ氏あるいはsachiさんのような気概は全くなし

ほそぼそと生きていきます
みなさまのお情け必須 →