夜中に思わず吹き出した

おもしろ話、コピペ

272 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/05/08(金) 00:47:48 ID:EWKnbnmf0

うちの会社に、コネで入ったバイトがいる。
ゴスロリ来て奇声を上げる娘さん。仮に名前をゴス子とする。
陰のあだ名が「アゴなしゴス」または「ボンレス」という時点で容姿は推し量って欲しい…

色々痛々しく笑いを呼ぶエピソードのある彼女だが、自称霊能者もその一つ。
前世がどっかの巫女で姫で、よくわからんが悪霊と戦い続けているらしい。
そのせいで現実と戦う方に手が回っていないようだ、惜しい。

で、うちの社の先輩Aさんが春先に引っ越したんだが、その部屋に幽霊が出ると話した。
一人暮らしなのに誰かの足音がしたり、黒い影が見えたりするらしい。
自分と先輩Bさんとがその話を聞いていたら、割り込んで来たゴス子。
張り切って除霊をすると気合い十分。
前述の通りコネのある子ということもあり、無下にはできないAさん。
GW中に除霊を決行する事になった。
同席するのは部屋の主であるAさん、Aさんに泣き付かれたBさんとC女史。

さてGW明けの今日、出勤するなりC女史とAさんに会議室へ連行されて、事の顛末を話された。
二人とも顔が笑ってた。
  
  
まずゴス子、Bさんの車でAさん宅に向かう途中、「嫌な気配がします、これはとても強い霊です」と語り出す。
しかしその時見ていた方向、Aさん宅とは逆方向。
除霊に使うのは何かしたらしい粗塩と、月の光に当てて何かしたという聖水。
聖水、思いっきりジョニーウォーカーのボトルに入ってたらしいが。

塩を撒く姿に土俵入りがオーバーラップし、笑いを堪える三人。
呪文らしき者を唱えながら、聖水をぶちまけるゴス子。
トランス状態になり、奇声を上げて転がり回るゴス子。
そのスカートがめくれて、ストッキングとパンツが丸見えになる恐怖にびびるAさんとBさん。
冷静に「ユニクロだ」と観察するC女史。
ここで、悪霊が自分を犯そうとしているというゴス子の解説が入る。
あんあん言い出すゴス子の様子に、「俺辞表出したい」と思わず呟くBさん。
一通り終わった後、「霊力を使い果たしました」とか言ってぐったりする、汗まみれのゴス子。
ゴス子帰宅後、塩と水でじゃりじゃりの部屋を掃除する三人。

笑えるのはここから。

その夜、Aさんが寝ようとすると、また黒い影が枕元に。
その影は…恨みがましい低い声で一言。

「…あれは、ない…」

思わずAさんが笑うと、影は消えてしまったそうだ。

幽霊にまで駄目出しされるって、人としてどうなんだろう。
ちなみにゴス子は寝坊したので、今日は休みますって連絡が母親から入りました。
ねえわー。