iBookのRAM

毎晩、ソファーに寝転がりながらLet’s Noteでネットサーフィンするペンギン君を横目で見てたおいちゃん
自分もまねしてみたくなったらしい
しかしおいちゃんはこれまでマックしかさわったことがなく
そのマックの使い方ひとつ未だにおぼつかない
なので傍らにごろごろ転がってるノートパソコン(全てWindows系)には触る気にもならないらしい

どうにかせいと言われればとりあえずなんとかしなければならないペンギン君
一番安いまくのーとであるiBookをおいちゃんにぷれじぇんとしてあげた、のは実は1年ほど前

それからしばらく機嫌良くソファーのとこでネットサーフィンして・・・いたおいちゃんなのだが、近頃はさっぱり
せっかくのiBookはすっかりほこりをかぶって放置プレイ状態である

事情聴取したところ、
「だって・・コレ遅いんだもん」

まぁ そらなんせiBookですから、dualののっかってるG4やG5と比べたら遅いわな
と、こっちも放置プレイしておったのだが、ある日マックノートが必要になったことがあり、ちょっと拝借したペンギン君、起動してどびっくり

うげぇ まじで遅いがな 使いもんにならんくらい遅いがな なんですかこれは

なんかへんなもん入れて遅くなったのでもあろうと、時間ができたらOSの入れ替えでもしようと思い・・・・つつまた放置
だって、自分じゃ使わないし、おいちゃんもそれほど必要としてないみたいだし

で、先日物置状態になっている一角を整理していて忘れ去られたiBookを発見したペンギン君
このまま全然使わずに置いといてもしかたない、整備してうちのバカモノ達にでも貸し出そうと決心、原稿書きの合間にOSをインストールすればいいやと本日職場へかかえてきた

同じ機種なら豹より虎の方が軽快、というベンチマークテストを先日どっかで見たこともあり、せっかくだから虎君をインストールしようとDVDを突っ込んで作業開始

が・・・あるとこまで来るとストップしてしまってそこから先どうやっても進まない
なぜだ・・・
インストール途中で電源切ってしまってその後まともに起動することは皆無に近いと知りつつ、どないもこないもならんので仕方なく電源を落として再起動、日頃のおこないのせいか奇跡的に立ち上がってきた

とりあえずディスクチェック・・・しようとしても途中でストップ
とにかくなんもできんのである

うーむ・・・状態がわからんことにはいかんともしがたいのでダメもとでabout this macを起動してみて目が点になる
なんなんですか、この、RAM残り容量128Mbってのは?!

そら、まともに動かないハズである
しかしおかしい、購入する時に512Mを増設しといたはずだ

んで、行動力だけで生きているペンギン君、そっこーでバラしましたよ
この頃にはもう原稿書きどころじゃなくなってたけどさ

幸いマックノートの場合、増設RAMにアクセスするのは超簡単

まずはキーボード上部の左右にあるツメを手前にスライドさせる

キーボードとベゼルの隙間に爪を立てるようにして手元方向にひっぱりつつキーボードを手前に起こす
ここはちょこっと力技となるが、あまり力をこめすぎず、しかしそれなりに無理矢理引き起こすことが肝心

接続ケーブルを痛めないように手前に倒すとAirMacカードが出てくる

こいつをとりはずして、ヒートシンクを止めているねじを一個ずつドライバーではずす

全体像を見るとわかりやすい?

はい、増設RAM登場

・・・・って、やっぱちゃんと増設してあるがな
なんで認識されてないのだ?と思いつつ手をかけた途端

すぽっ

へ?

ちゃんとささっとらんがな~~~~~っ!(怒

ちなみにこいつを増設したのはペンギン君ではない
某業者さん(推定:元M社の某氏)である

あのね・・・このテのもんはねとりあえずねカチって音がするまで刺すべし刺すべし、ってのがじょーしきなんすよ
見てる? >Tさん

ちゃんとカチっとさせて全て元に戻した途端、動作が劇的に改善、虎君もなんのおとがめもなくインストールできたがな

・・・・・誰も信用しちゃいかんね
せちがらい世の中だね