色々改善

本日もまた、気づいたら昼過ぎ、あっという間に夕方、と、一日がえらいことみじかい休日となった。

が、そんな中でもここんとこ懸案になっていた事項が3つほど片づいた。

めでたい

本日の成果その1
リージョンコードの違うDVDをうちのホームシアターで上映できるようになったこと。
VLCというフリーのアプリのことは以前から知っていたのだが、まさかそんな機能がついていたとは知らなかった。
林檎はいかがですか?さんありがとう。

これでやっと、アメリカにいる時に買った用心棒と七人の侍を見れるように・・・・って、そもそもなんでそんなもんあっちで買ってんだか。

成果その2
買ってから何かと模様替えとかシステム変更とかが続き、そのたびにちょっと使ってはお蔵入りになっていたAirMacExpressが再登場し、おいちゃんのマックからうちのオーディオシステムへ音をとばせるようになった。

実はうちのアンプにはすでに受信機が1個とりつけられており、ホームシアター制御用マック(DV-Macと命名)から電波で送られた音声をスピーカーに出力するようになっている

DV-Macの方にはUSBデバイスと見分けがつかない小さい送信機をとりつけていて、そこから音声をワイヤレスで送信する
【受発注(お取り寄せ)】RATOC ワイヤレスUSBオーディオアダプタセット REX-Link1REX Link

映画を見る時、映像はDV-Macで再生してそれをプロジェクターでスクリーンに映し出し、音声はREX Link経由でアンプに送られてスクリーン脇のスピーカーから出てくるという具合

要するにプロジェクターとマックは同位置に置く必要があり、アンプとスピーカーの間に距離があるのでそこをワイヤレスにしたわけよ

で、これはマックの音声なら何でもスピーカーに出してくれるため、おいちゃんは音楽が聴きたくなるとやおらそのUSB送信機をDV-Macから引っこ抜いておいちゃんマックに差し込み、iTunesにためこんでる音楽をいい音で聞く、という作業を学習し、しばらくは満足げであった

が、ある日突然、その作業すらがめんどくさくなったらしく
これ(USB送信機)って、いちいち差し直さないといけないの?
と、ご不満の様子

ふむ、そうおっしゃるからにはどうにかするのがペンギン様のお仕事
しかもできるだけ安くあげるとこが鍵である
で、すぐ、なんだ使ってないAirMacExpressをアンプにつなげばいいんじゃん、ということに思い当たる

幸いアンプ側にはもう一個入力端子が着いていたので、早速必要な長さのケーブルを買ってきて、装着

ケーブルを本棚の裏に通す作業がちょっと大変で、その際おいちゃんとペンギン君の意思疎通がはかれなかったためちょっとしたトラブルが発生、どっちに責任の所在があるか、ということを明確にすべく超険悪な状態に陥ったのだが、そこはそれ、根が単純オトナなので、設置が完了して音が出始めればもうさっきのことなんぞわすれて気分よく聴かせていただきやした

で、素朴な疑問
AirMacExpress+iTunesの組み合わせだとiTunesがインストールされてさえいれば、MacでもWindowsでもそのまんま音が送れるから今までよりずっと便利なんだけど
この機能って、何でiTunesにしかつけないの?

純正ソフトのDVDplayerにもつけててくれたらREX Linがいらなくなってもっと便利なのに
ま、誰か偉い人がフリーソフト作って解決してくれるのを待とう

成果その3
ハードディスクにまだ見ていないDVDデータがたまってきていて、もうすぐ満杯になりそうである
内蔵HDDはすでに1つ増設しており、しかもむちゃくちゃ発熱するぱわ路地の1G dual にCPUを換装してあったりもするので、どう考えても電源が足りなくなるわな

ということは次はやっぱ外付けですか そうですか

メシのついでにビックカメラ行って、
一番安くてできるだけ容量の多い外付けハードディスクちょうだい!
これ? 超ダサいじゃん、なんつーもん作るんかねバッファローってのは
で、もう少しまかんないの?
え? ポイントでカバーするからって?
しゃーないなぁ じゃ、買ってやるか

とゆーよーな会話があったとかなかったとか
ま、これでまたしばらくは大丈夫でしょ たぶん

つーわけで、そろそろヤクが効いてきたような気がするのでおねむの支度に入りたいと思いまーす
明日は早起きでんねん
って、ふつーの人にはふつーの時間帯とも言う