びっくりだよ!

長い長い携帯の話がぜんぜん終わってないわけなのだが、本日超びっくりしたのでちょっとご報告

コトのおこりは脳神経外科の院生Mトーの実験が最近うまくいかない、とのこと
とある抗体が急に染まらなくなった、っつーことで別の色素がくっついた抗体を試してみたい、とうちの研究室を訪問

Mトーのペンギン組担当者は1号であり、あれこれアドバイスしつつ染色してた1号&Mトー
その話を耳のハシっこで聞きつつ、半えきすぱーとの1号にまかしときゃいいや、と放置していた某ペンギン

数時間後、ヤニ接種しながらMトーの話がオツムのすみっこによみがえってきたぺんぎん君、ふと

 「ん? Mトーが使ってる(染色しようとしている)細胞ってまさか付着系細胞じゃねーよな?
  でもって、よもやトリプシンで剥がしてねーだろな おい?」

なんでかっつーと、Mトーが最近染まらないと困ってる抗体(が認識する抗原)は、PI アンカーで細胞膜にひっついてるタイプなので、トリプシン使うとぜーんぶはずれてしまうのである。

さっそく1号のとこ行って、
 ぺ 「まさかとは思うけど、Mトーの細胞ってトリプシンで剥がしてない?」
 1 「え? はがしてますけどそれがなにか?」

・・・・・をい(--;

そら、まるボーズになるにきまってんじゃん!
付着細胞はがすなら、専用のバッファーがあるだろぉ!
おっめーは何年FACS実験やってんだよっ!
バーヤバーヤ!!!

・・・・と、罵倒説諭してる真っ最中、すぐ傍らで実験してた修士のI(昨年中ずっと1号の子分、という名のお荷物してた、かつ、いろいろな意味でかなりの大物)がさくっと一言

ふっ たりない・・・

って ええええええええええええっ! なんとダイタンなっ!
去年あんだけ世話んなっといて、その発言??
オイラですら真似できんぞ?
ここんとこちょーしこきまくってるとは思ってたけど、そこまでキてんのか?

と、その場にいた全員が100メートル先まで瞬時にヒキまくったのだが・・・
実はIが言いたかったのは、これから泳動しようとしてたバッファーが足りない、というお話であり、特に1号のオツムが足りないとか1号の知恵が足りない とか、いうわけではなかったらしひ

なんだ 残念