ぽかーーん

昨日ばっくれていっこも手をつけてなかった科研費の最終仕上げを本日やっと片づけ、なんと15部ものコピーを一部ずつノリづけして製本、例によって例のごとく角を指定された色で塗りつぶす、という不毛な作業を終えてなんとか提出

とりあえず、ペンギン君の分は完了!

さて、あとは初出場の若者(ペンギン組ではバカモノと読む)の分をどーにかせんといかん

M1号の申請書は先日ペンギン君が手を入れて、少なくとも研究目的のとこはそれなりにカッコつけておいた

が、いきなし書き直しとなったペンギン君が手一杯になってしまい、そこから先はS女史にバトンタッチ・・・したのは一昨日のこと

おしつけられたS女史、頭痛と闘いながらつっこみどころ満載の研究計画の校正に没頭

しかし、本人に問いたださなければ真意のわからぬ、あまりにもあんまりな内容に途中で時間切れとなり、
「ここのところをこういう具合にもうちょっと練り直しておいてね」
と、本人に因果を含めて帰宅 (したらしい。それも深夜に)

で、昨日、本日と2日置いて、M1号の申請書が完成!・・・するハズだよね。ふつーなら。

ところが張本人のM1号、本日とうとう登場せず

一体どこにいるんだ あのガキャ? という問いに、うちのゴッドシスターHっちゃん曰く
「昨日、高校の友だちの結婚式だって岐阜へ帰りましたよ」

あっそ

って・・・その結婚式は昨日(祝日)やろ? 今日(平日)はどないしてんっ!?

なんとも、のーてんきというか、お気楽というか・・

誰ですか このボスにしてこの弟子あり、とかぬかしてらっしゃる御仁は

あ、アタシか

どーでもいいけどさ、この申請書がもし通ったとしても、実際にはペンギン君とS女史がほとんど書いてるようなもんなんだから、本人の取り分は多めに見積もってもまぁ5%ってとこやな

M1号に告ぐ

早く帰ってこないと、3%までダウンするぞ
いや、すでにゼロになってるというもっぱらの評判

むかぁ