虎の穴送別会と春の珍事

えー 侍JAPANがじーつに気持ちの良い優勝を決めた翌日
虎の穴送別会が大々的に開催された
なんせ今年博士号をとって卒業するメンツがなんと一挙6名もおるわけで、そらもぉ大騒ぎ

会は例によってパーティー会場を借り切ってのどんちゃん騒ぎだったわけなのだが、その終盤にはお約束、送り出される人々のご挨拶、というコーナーがあった

今年の幹事はD3のChang-ishiという異名を持つ謎の日本人なのだが、記念品に大ぼちゅの名言(迷言)を彫り込んだボールペンを用意し、スライド上映、BGMの選曲等々、なかなか味のある演出である
こんな才能があるとはシランカッタヨ(・ω・;)

さて、そんな中、送り出されるヒトビトの中には当然のことながら我らペンギン組のD4コンビM1号2号の姿もあり、先に挨拶に立ったM2号、とつとつとこの4年間の思い出を語るうちに、なんせとことん熱いヤツなので感極まったらしく、いつの間にやらこのような↓ことに

090325
2号 号泣中

(携帯片手にほいほい激写しに行くヤツもどうかと・・・もちろんオイラだけど)

その波及効果なのかなんなのか、虎の穴のパーティーってやつはきわめてまとまりのない会であることが常なのだが、いつになく熱いこころもちにおそわれた面々が一気に団結し、2次会のカラオケは近年稀に見る大盛況
(順番がなかなか回ってこないのがちょっとアレなんだよな・・・ま、それでも歌うけどさ)

んで、2次会もそろそろお開き、って頃になって突然、ボックス内にパツキンねーちゃん2名がにこにこしながら乱入してきて、席に座り込んで飲み始める、という理解不能な事態が勃発

2名ともに美形かつスタイル抜群のゴージャス系
びっくりしたメンメン、一体誰がナンパしてきやがった??? と大騒ぎ
当然のことながら、やたらひとなつこいあめりか人Lとフェミニストなフランス人Fに真っ先に嫌疑がかかるが、2名とも必死の形相で おーれーじゃーねぇぇぇぇぇーーーーっ と否定

次に疑わしいのはゴージャスねーちゃんに目がない助教のN氏
んが、ヤツもまた、ちーーーがーーーーーうーーーーーーっ と全否定
その割にはちゃっかりねーちゃん達の横に陣取って眼尻下げまくっとったが、な

結局何がなにやらよーわからんまんま、尾崎豊の卒業(お約束)で〆にしようとしてたら、これまたなぜか、ねーちゃん達がすっくと立ち上がり、なんやなんやと注目が集まる中、なまめかしくHotel Californiaを歌い上げ(しかも上手い)おっさんおよび青年達の大喝采を浴びることとなる

090325_21

ってゆーか
アンタ達 誰? 

ま、盛り上がったからいいんだけどね
しかもまじでかわいかったし