蝉しぐれ

ひさびさに映画館へ足をはこんで、表題の映画を見てきた

蝉しぐれというのは藤沢周平原作の時代物であり、ちょっと前にNHKでドラマ化されている

そっちの主役(文四郎)は内野聖陽という人で、若い頃から割と印象的な役者。おいちゃんとペンギン君が最初にこの人を見たのはハルという映画で、以来ちょこちょこと顔を見ることがあってなんとなーくなじみ深い

そのテレビドラマが結構おもしろかったのでついつい見に行ってしまったのだが、映画のデキは・・・・最低

しょもないシーンがダラダラ続き、いや~もぉ眠くて眠くて、途中で飽きちゃって大変でしたわ
内容、半分近く削れるんとちゃうか?

ところで、映画の方の主役は染五郎
んで、子供時代の文四郎ってのがいわゆるイケメン青年コンテストで優勝した新人で、こやつがまたえらいことオトコっぽいため、成人して染五郎(=典型的やさおとこ)になるというのがあまりにも・・・無理

さらには、その親友役が今田耕司とふかわりょうという謎のキャスティング
笑いとる必要がどこに・・

いい役者(緒形拳とか原田美枝子とか)も何人か出てるのだが、その人々がことごとく生かされてない
前半の山場、切腹直前の緒形拳だけはさすがだったけど

途中でしょっちゅう挿入される自然風景もきれいなだけで意味不明

ところどころ印象に残る部分がないわけでもないのだが、いかんせんつながりが悪い、テンポが悪い、カメラワークが単調
よーこんなもんカネかけて作ったなぁ? というのが正直な感想である

もっとも事情通のおいちゃんによれば監督の黒土三男という人はもともとシナリオライター(コメットさんとか)やってたらしく、その監督作品ってのがこれまでことごとくコケてるらしいので、ま、あんなもんか

ところで、結構重要アイテムのはずの秘剣『むらさめ』は一体どうなったのでしょうか? >カントク

いらんこといっぱい入れてるくせして、重要な要素が抜けてるとこがまた・・・・<以下略>

と、ことほどかようにペンギン君的には全くペケの映画だったのだが、いつも参考にしている・ランキング@映画生活 -蝉しぐれ-では妙に評判がいいのである

NHK版見てなければそれなりに楽しめるのか な?

ところで、今日行った映画館はうちから一番近いというだけで選んだ王子の『百人劇場』というハコ

名前通り、客席数が100
そこで見てた観客10

超マイナーな映画館だったということを差し引いても、経営を心配してしまうような動員数である

もっとも大当たりした『たそがれ清兵衛』も封切り直後はこんな感じだったから、封切り後の日本映画なんてのはこんなもんなんかもしらんけど、日を追うごとに客席が満杯になっていった清兵衛とは違い、蝉しぐれの方は最後までこの程度であることに100しぐれ賭けてもいいっす