スターウォーズ スピンアウト小説

現在、スターウォーズのスピンアウト小説群にはまっている
とっかかりはエピソード3があまりにも唐突なとこから始まったこと

なんでやねん、と、思いませんでした? あれ
だって、いつの間にやらパルパティーンが誘拐されて、それを救出しに行くとこからいきなし始まるってのはいかがなものか

しかも見ててなんかいまいちわからんとこがいっぱいある
そもそもアナキンはいつの間にジェダイナイトになったのだ?
エピ2の時はまだパダワンだったはず・・
とか

グリーバスがやたらと意味ありげにゲホゲホ咳き込んでるのはなんで?
とか

で、ネットで調べてみたら、どうやらエピソード1、2、3の間をつなぐストーリーがスピンアウト小説と称されて何冊も出ているらしい、ってとこまではわかった

んで、Amazonにて手に入るやつを片っ端から読んで見た

おもろいぢゃん
メカ好きのペンギン君にはもろストライクである
同系統では近代兵器がいっぱい出てくるトムクランシーなんぞが結構ツボだったのだが、スターウォーズの方はもうひとつのツボであるチャンバラ要素が入っているだけになおさらおもろいのである

エピ2と3の間の話は大体網羅したので、現在はエピ1の前およびエピ1と2の間の小説を手に入れるべく画策中

なんで画策せなならんかと言うと、何冊かがすでに廃刊になっているから

ってわけで、ヤフオクの決戦を明晩にひかえ、静かに燃えているワタクシなのであった
がんばるぞぉぉぉっ!
おこずかいの残りと相談しながら、だけど

あ、ちなみに、エピ2と3の間に関してはアニメ『クローン大戦』ってのを観れば大体わかります

もっともクローン大戦はVol.1(Chapter 1-20)しか手に入らない(ことになってる)ので
エピ3直前の重大なストーリーが満載のVol.2 (Chapter 21-25)については、ほにゃららソフトを使って、ペケペケすればなんとかなるとかならないとか(謎)