うっそぉ

科研費も終わったことだし、伸びきったトサカでも切りに行くかぁ、とおでかけしたペンギン君

トサカ短くしてすっきり心機一転、ひさびさの本屋さんへふらふら入って行く

お気に入りの作家の新作(といってもほとんどが文庫本)みつけるたんびにどんどん手にとり、いつの間にやらお買い物は6冊ほどに

レジへ行き、5千円札ひらひらさせながら会計を待つ

「5280円になりま〜す・」

えええええええええええええええ

文庫本やで??

こっちはせいぜい4千円前後と思って5千円札出してたのである

で、値段をざっと確認

確かにどれもこれも800円を超えている

マジっすか

ワタクシの記憶では文庫本ってーのはもっとかわいげのある値段ついてたと思うのぢゃが・・

こんだけ物価が下がってるご時世、本の値段はなんでこんなに上がんねんっ!

活字離れを心配するヒマあったら、企業努力せんかぁぁぁっ   ぜいぜい